TOQプロバイダー株式会社インターネットTOQ運営するISPインターネットサービスプロバイダ)です。(Bフレッツ)・フレッツADSLレンタルサーバー
株式会社インターネットTOQ プロバイダー部門 Top お問合せ サイトマップ
電話でのお問合せは、
TEL0942-38-7581まで
サービス内容 入会案内 お申込み 会員メニュー Q&A 運営会社
TOP会員メニュー各種設定電子メールの設定方法 > Microsoft Outlook Express 5.x/6(メール)の設定例

Microsoft Outlook Express 5.x/6(メール)の設定例

・OutlookExpress 5 for Winに基づいて説明しています。OutlookExpress 6 の場合もほぼ同じ手順で設定できます。
電子メールアカウントの作成
  1. Outlook Expressを起動します。

  2. 「Outlook Express」の画面が表示されますので、メニューバーの「ツール(T)」から「アカウント(A)...」を選択します。

  3. 表示された「インターネット アカウント」の画面で、「メール」タブを選択します。

  4. 「追加(A)」ボタンをクリックし、「メール(M)...」を選択します。

  5. 表示された「インターネット接続ウィザード」の「名前」の画面を、以下のように設定します。

    ・「表示名(D):」 : 名前をローマ字で入力
    ※表示名はメールを送信したときに、受信相手に表示される名前です。
    ※文字化け防止のためにもローマ字での入力を推奨します。

    設定しましたら、「次へ(N) >」ボタンをクリックします。

  6. 表示された「インターネット電子メール アドレス」の画面を、以下のように設定します。

    「既存の電子メール アドレスを使用する(A)」を選択
    ・「電子メール アドレス(E):」 : 「メールアドレス」を入力

    設定しましたら、「次へ(N) >」ボタンをクリックします。

  7. 「電子メール サーバー名」では、以下のように設定します。

    ・「受信メール サーバーの種類(S)」 : 「POP3」を選択
    ・「受信メール (POP3、IMAP または HTTP) サーバー(I):」 : mail.toq.ne.jp
    ・「送信メール (SMTP) サーバー(O):」 : mail.toq.ne.jp

    設定しましたら、「次へ(N) >」ボタンをクリックします。

  8. 「インターネット メール ログオン」では、以下のように設定します。

    ・「アカウント名(A):」 : [メールアカウント名]を入力
    ・「パスワード(P):」 : [パスワード]を入力
    ・「セキュリティで保護されたパスワード認証 (SPA) を使用する(S):」 : チェックしない

    設定しましたら、「次へ(N) >」ボタンをクリックします。

  9. 「設定完了」が表示されます。

    「完了(F) 」ボタンをクリックし、電子メールアカウントの作成を終了します。

前のページに戻る このページの先頭へ
電子メールアカウントの設定確認
  1. プルダウンメニューの「ツール(T)」から「アカウント(A)...」を選択します。表示された「インターネット アカウント」ダイアログの「メール」タブをクリックします。

    作成したメールアカウントが表示されています。

  2. 設定を確認したいアカウントを選択し、「プロパティ(P)」ボタンをクリックします。
    「全般」タブが、以下のように設定されているか確認します。

    ・「メール アカウント」 : 電子メールアドレスなど、わかりやすい名前にします
    ・「名前(N):」 : 名前をローマ字で入力
    ・「会社名(O):」 : 個人で使用する場合は空白のままとします
    ・「電子メール アドレス(M):」 : 「メールアドレス」
    ・「返信アドレス(Y):」 : 通常は空白のままにします
    ※電子メールアドレスで設定したアドレスとは別のアドレスに返信してもらいたい場合などに設定します。

  3. 「サーバー」タブをクリックし、以下のように設定されているか確認します。

    「サーバー情報」
    ・「受信メール サーバーの種類(M):」 : 「POP3」となっていることを確認
    ・「受信メール (POP3)(I):」 : mail.toq.ne.jp
    ・「送信メール (SMTP)(U):」 : mail.toq.ne.jp

    「受信メール サーバー」
    ・「アカウント名(C):」 : [メールアカウント名]を入力 例)taro%toq.ne.jp (メールアドレスがtaro@toq.ne.jpの場合)
    ・「パスワード(P):」 : 「パスワード」を入力
    ・「セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする(S):」 : チェックしない

    「送信メール サーバー」
    ・「このサーバーは認証が必要(V)」 : チェックする

  4. 「設定(E)」ボタンをクリックし、以下のように設定します。

    「ログオン情報」
    ・「受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U):」 : チェックする

    設定を確認したら「OK」ボタンをクリックします。

    >> ウィルスソフトをお使いの方はこちらをご覧ください

  5. 「接続」タブをクリックし、以下のように設定されているか確認します。

    ・このアカウントには次の接続を使用する(U) : チェックを入れて、TOQのダイヤルアップ接続を選択
    ※別のダイヤルアップ接続になっているときは、「▼」ボタンをクリックしてTOQのダイヤルアップ接続を選択します。
    ※フレッツ接続ツールを利用してフレッツ・ADSL、Bフレッツに接続する場合は、ここでは「ローカルエリアネットワーク」を選択します。
    ※WindowsXPでフレッツ・ADSL、Bフレッツに接続する場合は、TOQ接続用の接続設定名を選択します(「ローカルエリアネットワーク」を選択すると送受信できません)。

    設定を確認したら「OK」ボタンをクリックします。
    「インターネット アカウント」ダイアログも「閉じる」ボタンをクリックして閉じます。

前のページに戻る このページの先頭へ
オプションの設定
  1. プルダウンメニューの「ツール(T)」メニューから「オプション(O)...」を選択します。
    「オプション」の「全般」タブが、以下のように設定されているか確認します。

    ・「起動時にメッセージの送受信を実行する(S)」 : 通常チェックしない
    ・「新着メッセージをチェックする(C)」 : 通常チェックしない
    ※チェックすると、指定した時間毎にダイヤルアップ接続するようになります。
    他の項目は、お好みに合わせて設定します。(デフォルトのままで構いません)

  2. 「送信」タブをクリックして、以下のように設定します。

    「メール送信の形式」の枠
    ・「メッセージを直ちに送信する(D)」 : ダイヤルアップ接続で利用する場合は、通常チェックしない
    「テキスト形式(P)」 を選択
    他の項目は、お好みに合わせて設定します。

  3. 「メール送信の形式」の「テキスト形式の設定(E)...」ボタンをクリックし、表示された「テキスト形式の設定」を以下のように設定します。

    「メッセージ形式」の枠内
    「MIME(M)」を選択
    ・「エンコード方法(E):」 : 「なし」を選択
    ・「8ビットの文字をヘッダーに使用する(W)」 : チェックしない
    ・「返信や転送をする場合、元のテキストをインデントする(O)」 : 通常チェックする

    設定しましたら、「OK」ボタンをクリックして設定を保存します。

  4. 「接続」タブをクリックして、以下のように設定します。

    ・「送受信が終了したら切断する(H)」 : 通常チェックしない

    全て設定しましたら、「OK」ボタンをクリックして設定を保存します。

    以上で、基本的な設定は終了です。一度 Outlook Expressを終了し、再起動してからお試しください。

前のページに戻る このページの先頭へ
メールの送信方法
  1. デスクトップ上の「Outlook Express」アイコンをダブルクリックしますと、Outlook Expressが起動します。

  2. プルダウンメニューの「メッセージ(M)」より「メッセージの作成(N)」を選択します。
    (または、ツールバーの「新しいメール」ボタンをクリックします。)

  3. 「宛先」を設定し、本文を入力します。

    ・「宛先:」 : 送り先の電子メールアドレスを入力
    ※ここでは自分の電子メールアドレスを入力して、自分宛にテストメールを送る例を用いています。
    ※送り先が複数ある場合には、taro@toq.ne.jp,hanako@toq.ne.jpのようにメールアドレスをカンマで区切ります。


    ・「CC:」 : 同時に送信したい相手の電子メールアドレスを入力
    ※CCは、カーボンコピーの略です。一般的には、宛先:の相手以外で参考までにメールの内容を読んでいてほしい相手に送ったりするときに使います。

    ・「BCC」 : 必要に応じて宛先を入力
    ※BCCは、ブラインドカーボンコピーの略です。他の宛先の人からは、BCCに入力されたアドレスの人にメールが送られていることはわかりません。(BCCに書かれたアドレスは、メールヘッダには記載されません。)

    ・「件名:」 : メールの題名を入力
    ※内容がわかりやすく簡潔なものがよいでしょう。

    一番下のところにメールの内容を書きます。

  4. インターネットに接続します。

    メールを送るときには、必ずインターネットに接続をしておきます。そうでないと、メールは送れません。

  5. 「送信」ボタンをクリックします。

    今のメールは、プルダウンメニューの「ツール(T)」から「送信(E)」または「送受信(S)」を選択するまで「送信トレイ」フォルダに置かれます。 (何通もメールを書いて送信する場合には、このように送りたいメールを待機させておいて、後でまとめて送信する方法が一般的です。)

  6. インターネットに接続した状態で、プルダウンメニューの「ツール(T)」より「送受信(S)」で「すべて送信(S)」を選択します。

    送信待ち状態のメールが送信されます。
    送信されると、「送信済みアイテム」に移動します。

前のページに戻る このページの先頭へ
メールの受信方法
  1. インターネットに接続した状態で、プルダウンメニューの「ツール(T)」より「送受信(S)」で「すべて受信(R)」を選択します。

    POPサーバ(メール受信サーバ)にメールがあると、メールを受信します。

前のページに戻る このページの先頭へ
お申し込みサイトマップ個人情報についてよくある質問お問い合わせ運営会社
Copyright(C) InternetTOQ All Rights Reserved. 1996-2006